新宿御苑カメラ日記
20141106 : 嵯峨菊花壇

嵯峨菊は、京都の嵯峨地方で発達した菊で、細長い花弁がまっすぐ立ちあがって咲きます。
京都の公家たちが回廊から中庭をみおろして眺める、上から目線に合わせて改良された菊花です。
花壇では、一六づくり(中央に1本、周囲に6本が円を作る)で飾られています。


<前のページへ戻る>