新宿御苑カメラ日記
20141106 : 大作り花壇

菊芽を1年以上かけて枝数を増やし、1株から数百輪の花を半円形に整然と仕立てて咲かせる大作りの技法です。新宿御苑独自の技法です。
大作り花壇のビューポイントから眺めると、手前に紅葉、奥に大作り花壇が望めます(昭和30年ころまでは、菊の花の咲く時期と紅葉の時期がマッチしていましたが、今は地球温暖化の影響で菊は11月下旬、紅葉は12月中旬にずれてしまいました)。
今年の大作り花壇の菊花数はおよそ500、500株の花を同時に咲かせてお客さまへご覧に入れるためには、その倍の1000株くらいの花を育てる必要があります。








<前のページへ戻る>