新宿御苑カメラ日記
20141106 : 江戸菊花壇

江戸菊は、江戸時代に江戸で発達した古典菊です。花が咲いてから花弁がいろいろな形に変化するのが特徴です。「狂う」と称して花の変化を楽しむ菊です。
江戸菊の花弁は管状、匙状などさまざまで、しかも巻癖がついています。そのため花が変化します。






<前のページへ戻る>