豊島区主催の自然観察会
 午前中は絶好の散策日和でした。今日は豊島区環境保全課主催の自然観察会「自然とのふれあい」が御苑内で開かれました。参加した豊島区民の皆さんは、野鳥観察グループと植物観察グループとに分かれ、新宿御苑森の会(自然教室ボランティアリーダーの会)会員やガイドボランティアのご案内で、動・植物を観察しながら御苑内の散策を楽しんでくださいました。
 温かだった午前中は、一般のお客さまもおおぜいガイドツアーに参加してくださったようです。

豊島区01
はじめのご挨拶
豊島区02
御苑の歴史などについての簡単なレクチャー
 
豊島区03
御苑名木のひとつラクウショウの前で
豊島区04
武蔵野のおもかげを残す「母と子の森」で
 
豊島区05
日本庭園が一望できるお立ち台で
豊島区06
熱心に観察する豊島区の皆さん
 
豊島区07
日本庭園内で
豊島区08
楽羽亭(茶室)前の梅園で
 
豊島区09
ウバメガシは備長炭の・・・とレクチャー
豊島区10
さいごに「まとめ」と「ふりかえり」のレクチャー


午後のガイドツアー
 午前中は温かな散策日和でしたが、午後からは急に空が薄暗くなってきて、冷たい風が吹き抜け、いまにも雪が降ってきそうな天気に変わってしまいました。それでも熱心なお客さまが、ガイドツアーにおおぜい参加してくださいました。

ガイドツアー1
案内板の前で御苑の生い立ちなどの説明
ガイドツアー2
ハクモクレンの花芽について説明
 
ガイドツアー3
ラクウショウの気根について説明
ガイドツアー4
母と子の森の自然について説明
 
ガイドツアー5
イギリス風景式庭園について説明
ガイドツアー6
終わりごろにはこんな空模様でした(多少誇張してあります)


御苑内の解説板と名表
 新宿御苑内には、動・植物の説明や環境学習に役立つ説明が書かれた解説板が随所に立っています。また、主要な樹木には、名表がついています(ただし、グリーン・アドベンチャーの樹木は除きます)。これらをみながら歩くのも、御苑内散策のひとつの楽しみ方かもしれません。

「いろいろな形をしたドングリ」解説板
「いろいろな形をしたドングリ」解説板
「クヌギ」の樹木名表
「クヌギ」の樹木名表
 
樹木名表と解説板
樹木名表と解説板
「ごみの処理」解説板
「ごみの処理」解説板
 
「ヒヨドリ」解説板
「ヒヨドリ」解説板
「池の水の循環」解説板
「池の水の循環」解説板
 
「エノキ」の樹木名表
「エノキ」の樹木名表
「母と子の森の生態系」解説板
「母と子の森の生態系」解説板


今日みつけた花
 いま御苑内はカンザクラが花盛りです。カンザクラにもいろいろな種類があるようです。よくみると、つぼみのつき方、つぼみの色、花のつき方、花の形、花の色、樹形(枝ぶり)などがそれぞれ微妙に違うことに気がつきます。
 サクラの観賞には、勝木俊雄先生が書かれた「サクラウォッチング 新宿御苑の桜」を片手にお持ちになると、楽しみが倍増すると思います。

カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
 
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
 
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
 
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
 
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラと外来のインコ


今日みつけた、そのほかの花
 黄色い花は早春の花です。いまマンサクが花盛りで、サンシュユもそろそろ咲きはじめました。フユノハナワラビはそろそろ見納めです。

マンサク
マンサク
マンサク
マンサク
 
サンシュユ
サンシュユ
フユノハナワラビ
フユノハナワラビ


今日みつけた鳥
 新宿御苑の池には冬鳥のカモ類がやってきます。留鳥のカルガモも、このときとばかり、いっしょに遊び戯れています。
 今日観察できたカモ類は、マガモ、オシドリ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリなどです。宝石のような鳥、カワセミも観察できました。

マガモ
マガモ(左)とカルガモ(右)
キンクロハジロ
キンクロハジロ


前のページへ戻る

更新年月日2002年2月9日

このページに関するお問い合わせは管理者まで。