また、また、サクラ、さくら、桜、櫻!
 明日はかなりまとまった雨が降ると聞き、いたたまれなくなってサクラの様子をみにきてしまいました。
 ソメイヨシノは満開を過ぎているので、雨でみんな散ってしまうのではないかと心配です。気温が低ければ、なんとか次の週末まで、もちこたえてくれそうです。
 オオシマザクラが満開です。オオシマザクラの若葉を塩漬けにして、桜餅を包むときに使います。オオシマザクラのそばに行くと、桜餅の香りが漂ってきます。
 いつもより早く、八重咲きのサクラも開花をはじめました。そろそろ一重のサクラから八重ザクラへと、バトンタッチの時期を迎えたようです。

千駄ケ谷門近くの芝生広場で
千駄ケ谷門近くの芝生広場で
オオシマザクラ、千駄ケ谷門近くの外周道路で
オオシマザクラ、千駄ケ谷門近くの外周道路で
 
オオシマザクラ、菊圃場前の外周道路で
オオシマザクラ、菊圃場前の外周道路で
オオシマザクラ、左右の同種はすでに葉桜状態
オオシマザクラ、左右の同種はすでに葉桜状態
 
オオシマザクラ、上の池そばの外周道路で
オオシマザクラ、上の池そばの外周道路で
ヤエベニシダレ、台湾閣前で
ヤエベニシダレ、台湾閣前で
 
ヤエベニシダレ
ヤエベニシダレ
ゴテンバザクラ
ゴテンバザクラ
 
オオシマザクラ(奥)とソメイヨシノ(手前)の親子
オオシマザクラ(奥)とソメイヨシノ(手前)の親子
オオシマザクラ、桜餅の臭いがします
オオシマザクラ、桜餅の臭いがします
 
一葉らしくないイチヨウ
一葉らしくないイチヨウ
シラユキ
シラユキ
 
シラユキ
シラユキ
シラユキ、純白の花びらが特徴です
シラユキ、純白の花びらが特徴です
 
ソメイヨシノ、温室前で
ソメイヨシノ、温室前で
ヤエベニシダレ、大木戸門で
ヤエベニシダレ、大木戸門で


小さなお客さまたち
 今日は、小さなお客さまがおおぜいきてくれました。

乳母車を一列に並べて、お母さま方はお昼の準備です
乳母車を一列に並べて、お母さま方はお昼の準備です
何をしているのでしょう、元気に数える声が聞こえてきます
何をしているのでしょう、元気に数える声が聞こえてきます
 
日本庭園の芝生斜面で憩うお客さま
日本庭園の芝生斜面で憩うお客さま
グリーンアドベンチャーに挑戦?
グリーンアドベンチャーに挑戦?


今日みつけた、そのほかの花
 お客さまをお連れした、ガイドツアーではたいてい見過ごしてしまう、フランス式整形庭園のなか、玉藻池のうしろ、母と子の森などで、咲いている花を探しました。
 日当たりがよい南向きの斜面では、温かな陽気に誘われて、もうツツジが咲きだしました。
 オオアマナも例年よりも早く咲きはじめました。3月9日にご紹介した、同じユリ科のハナニラとよく似ていますが、ハナニラとオオアマナは違う属の植物です。

ドウダンツツジ、フランス式整形庭園で
ドウダンツツジ、フランス式整形庭園で
ニワトコ、玉藻池そばで
ニワトコ、玉藻池そばで
 
オオアマナ
オオアマナ
ハナニラの群落、樹齢100年を超えるソメイヨシノの足元で
ハナニラの群落、樹齢100年を超えるソメイヨシノの足元で
 
ムラサキケマン、母と子の森で
ムラサキケマン、母と子の森で
ムラサキケマン、花の形が特徴的です
ムラサキケマン、花の形が特徴的です
 
ツツジ
ツツジ
新宿御苑のなかでも最も日当たりがよい場所のひとつが、フランス式整形庭園の南向き斜面です。このあたりの草木が、御苑のなかでは最初に開花をはじめるようです。ここのツツジは、どの木も、もう咲きはじめています。


木々が芽吹きはじめました
 サクラの方に気をとられていると、うっかり見落としてしまいます。木々の芽吹きにも、美しいものがあります。

美しい色の芽吹き
美しい色の芽吹き
おもしろい形の芽吹き
おもしろい形の芽吹き
 
おもしろい形の芽吹き
おもしろい形の芽吹き
美しい色の芽吹き
美しい色の芽吹き
 
ハウチワカエデの芽吹き
ハウチワカエデの芽吹き
葉っぱが天狗の団扇(うちわ)のような形をしているので、ハウチワカエデという名前です。同じ幹から枝分かれした枝ですが、この枝だけが、なぜかしっかり芽吹いています。周囲の枝は、まだ眠っているようです。


サクラと台湾閣(旧御涼亭)
 一般公開が再開された台湾閣(旧御涼亭)を背景にして、手前にシダレザクラをあしらった写真がインフォメーションセンターに飾られたことがあります。
 この情景を再現するには、今日あたりが絶好の撮影日和だったのではないでしょうか。ほどよく咲いた、日本庭園のヤエベニシダレ越しに、台湾閣にカメラを向けるカメラマンが、ひっきりなしに続いていました。さて、傑作をものにすることができたのでしょうか。カメラマンの行列に並んで、同じところから撮影してみました。
 台湾閣の斜め横からは、ソメイヨシノ越しに台湾閣を望むことができます。こちらは、空いていました。

ヤエベニシダレ越しにみる台湾閣
ヤエベニシダレ越しにみる台湾閣
ソメイヨシノ越しにみる台湾閣
ソメイヨシノ越しにみる台湾閣


今日みつけた、とっておきの花
 オドリコソウが咲きました。花の形や色の可憐さといい、その名前の愛くるしいひびきといい、ずいぶん得をしている草花だと思いませんか。

オドリコソウ
オドリコソウ
オドリコソウ、つぼみ(手前)と花(奥)
オドリコソウ、つぼみ(手前)と花(奥)
 
オドリコソウ、着飾った踊り子が輪になって踊っています
オドリコソウ、着飾った踊り子が輪になって踊っています
新宿御苑には、オドリコソウの貴重な群落が、わずかですが、残っています。その群落も、分別のないお客さまが持ち帰ったり、外来植物によって駆逐され続け、年々やせ細っていきます。
毎年おおぜいのお客さまを楽しませてくれるオドリコソウ、こうした貴重な植物をいつまでも絶やさないでおきたいものです。
 
オドリコソウ、花の色は純白からピンクまであります
オドリコソウ、花の色は純白からピンクまであります
オドリコソウ
オドリコソウ


前のページへ戻る

更新年月日2002年3月28日

このページに関するお問い合わせは管理者まで。