斑入りの観葉植物
 この季節、御苑内をくまなく歩いてみても、色鮮やかな花を探すのは難しいかもしれません。こんなとき、お客さまを温室にご案内するのが、ベテランガイドのひとつの手段です。
 亜熱帯の温室には、観葉植物が所狭しと植えられています。まず、斑入りの観葉植物の一部をご紹介します。

斑入りの観葉植物
斑入りの観葉植物1
斑入りの観葉植物
斑入りの観葉植物2
 
斑入りの観葉植物
斑入りの観葉植物3
斑入りの観葉植物
斑入りの観葉植物4
 
斑入りの観葉植物
斑入りの観葉植物5
斑入りの観葉植物
斑入りの観葉植物6


矢羽根模様の観葉植物
 温室内の観葉植物のなかに、矢羽根模様のものもたくさんあります。つぎに、矢羽根模様の観葉植物の一部をご紹介します。

矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物1
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物2
 
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物3
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物4
 
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物5
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物6
 
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物7
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物8
 
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物9
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物10
 
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物11
矢羽根模様の観葉植物
矢羽根模様の観葉植物12


温室内の花
 温室内には、東京辺りの路地植えでは冬越しができない、温暖な気候を好む植物の花が咲いています。
 アスクレピアスは、色鮮やかな赤い花弁(かべん、花びらのこと)をうしろに反らせ、黄色い副花冠(かかん、花びらをまとめて呼ぶ言葉)をみせています。その横で成熟している種子は、白い袋に入っており、綿のような毛をもっています。日本名は「とうわた」ですが、この名称は種子に由来していると思います。
 イエライシャンは、夜来香です。中年以上の男性のお客さまは、この花の前で思わずため息をついています。そして、ある有名な女優さんのお名前を、中国名か日本名でささやいています。
 ランの花は、温室内のラン室で年間をとおして咲いています。いま咲いているランのなかで、めずらしいものをひとつおみせします。どこが葉で、どこが茎なのかわかりません。

アスクレピアス
アスクレピアス
アスクレピアス
アスクレピアス(左が花で右が種子)
 
イエライシャン
イエライシャン
Aerido Vanda Mandy
Aerido Vanda Mandy


ヤシとソテツ
 温室の前庭には、温室内に入りきらなくなった亜熱帯の植物が植えられています。
 ヤシはたくさん種子を実らせています。ソテツは散髪をしてもらい、気持ちよさそうに新芽を伸ばしています。

ヤシ
ヤシ
ソテツ
ソテツ


パイナップルリリー
 温室の入口に、満開のパイナップルリリーが飾ってありました。黄緑色の茎に白い花をつけた形がパイナップルの実に似ているので、この名称がつけられました。みるからに涼しげな花です。

パイナップルリリー
パイナップルリリー
パイナップルリリー
パイナップルリリー
 
パイナップルリリー
パイナップルリリー
パイナップルリリーは鉢植えのもののほかに、新宿御苑保存会の建物前付近や温室の中庭などに、路地植えのものがあります。
 
パイナップルリリー
パイナップルリリー
パイナップルリリー
パイナップルリリー


前のページへ戻る

更新年月日2002年7月13日

このページに関するお問い合わせは管理者まで。