雨もよう
 今日は終日雨でした。そんな新宿御苑で雨の風景を探してみました。

雨もよう
雨もよう 温室の中庭
雨もよう
雨もよう 旧御涼亭前の池
 
雨もよう
雨もよう 旧御涼亭からのながめ
雨もよう
雨もよう 旧御涼亭前の池
 
雨もよう
雨もよう ミズカンナの葉っぱ
雨もよう
雨もよう 玉藻池の石燈篭


雨に美しい葉っぱ
 雨に濡れて、一段と緑色が冴えている葉っぱをみつけました。日本らしい葉っぱと、古代ギリシャの神殿などにも描かれている葉っぱです。

ヤツデ
ヤツデ
アカンサス
アカンサス


カラスウリ
 カラスウリの蔓が低木に絡まって、まるで低木がネックレスを架けているようにみえます。

カラスウリ
カラスウリ
カラスウリ
低木に架かるカラスウリのネックレス


キンモクセイとギンモクセイ
 キンモクセイとギンモクセイが咲き競い、あたりには芳香が漂っています。あいにくの空模様ですが、風下に立つと、すばらしい香りが流れてきます。

キンモクセイ
キンモクセイ
キンモクセイ
キンモクセイ
 
ギンモクセイ
ギンモクセイ
ギンモクセイ
ギンモクセイ
 
ギンモクセイ
ギンモクセイの花
花は直径が4ミリメートルほどの橙黄色(キンモクセイ)あるいは白色(ギンモクセイ)で、花冠は4つに裂けています。
 
キンモクセイ
キンモクセイの木の下
ギンモクセイ
ギンモクセイの木の下


ムラサキシキブとその仲間
 ムラサキシキブが美しい紫色の小粒の果実を実らせています。仲間のシロシキブも、負けずに頑張っています。ガイド仲間の話では、シロシキブは園芸名で、正確には、シロミノコムラサキと呼ぶのだそうです。

ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
 
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
 
シロシキブ
シロシキブ
シロシキブ
シロシキブ


ススキ
 日本庭園上の池では、ススキが美しい穂を風になびかせています。

ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
 
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ
ススキ


ヒガンバナ
 ヒガンバナが咲いています。ヒガンバナはマンジュシャゲとも呼ばれ、彼岸のころに咲くからヒガンバナ(彼岸花)です。ヒガンバナは有毒植物です。
 ヒガンバナの鱗茎(球根)は石蒜(せきさん)と呼ばれる漢方薬です。鎮痛、消炎、利尿などの効果があり、腎炎や膀胱炎などによるむくみや水腫のときに、鱗茎をすりおろし、布で包んで足の裏の土踏まずに貼ります。外用のみです。有毒植物ですから、絶対に内服しないでください!

ヒガンバナ
ヒガンバナ 新宿門を入ってすぐの芝生広場脇で
ヒガンバナ
ヒガンバナ 新宿門を入ってすぐの芝生広場脇で
 
ヒガンバナ
ヒガンバナ 新宿門を入ってすぐの芝生広場脇で
ヒガンバナ
ヒガンバナ 温室前庭で
 
ヒガンバナ
ヒガンバナ 温室前庭で
ヒガンバナ
ヒガンバナ 温室前庭で
 
ヒガンバナ
ヒガンバナ 新宿門を入ってすぐの芝生広場脇で
ストロボ(フラッシュ)を使って背景を黒くつぶしてみました。左側、上から2番目の写真と同じ場所で、同じときに撮影しました。


前のページへ戻る

更新年月日2002年9月28日

このページに関するお問い合わせは管理者まで。