新宿御苑「菊花壇」展示はじまる!
 伝統の技法と新しい手法により、丹精込めてつくりあげた特色あふれる菊花壇が、日本庭園内を鮮やかに彩っています。
 開催期間は11月1日(金)〜11月15日(金)で、開催期間中は無休です。公開時間は午前9時〜午後4時です。菊花壇展示に併せ、実生畑特別公開、菊花壇鑑賞教室、菊花壇解説展なども開催されています。
 新宿御苑の菊花壇は、皇室ゆかりの伝統技法を受け継ぐ、御苑ならではの様式により、展示されています。色づきはじめた庭園の風景と調和するように配置された菊の上家(うわや)と、黄・白・紅の色彩を基調に配色よく植え込まれた特色あふれる菊の花々によって、秋の日本庭園はさながら錦絵のような風情あふれる美しさにつつまれています。
 (解説文などは新宿御苑菊花壇パンフレットより引用しました。)

菊展の開催を知らせる新宿門の表示
菊展の開催を知らせる新宿門の表示
新宿門に展示されている大作り花壇
新宿門に展示されている大作り花壇
 
菊展の案内表示板
菊展の案内表示板
菊花壇への誘導立て看板
菊花壇への誘導立て看板
 
菊展入口に展示されている懸崖作り花壇
菊展入口に展示されている懸崖作り花壇
菊花壇は、中央休憩所脇から入り、日本庭園を周回するようにうまくレイアウトされており、翔天亭あたりで終わります。全部で7個所の上家が設えられており、誘導路には路地植の菊花壇もみられ、彩りを添えています。
 
路地花壇
路地花壇
路地花壇
路地花壇
 
路地花壇
路地花壇


1.懸崖作り花壇
 断崖の岩間に垂れさがるように育つ木々の姿を模して、一重咲きの小菊を仕立ててあります。懸崖の野趣を損なわないように、古木の花台のうえに配色よく配列した花壇です。花色は、黄・白・紅色系で、色彩の鮮やかなものが選ばれています。

懸崖作り花壇
懸崖作り花壇
懸崖作り花壇
懸崖作り花壇
 
懸崖作りの解説板
懸崖作りの解説板
今年の菊展の特徴のひとつは、菊栽培の苦労話や名称の由来などが詳しく記された解説板が掲示されていることです。これらの掲示と、インフォメーションセンター・アートギャラリーで同時開催されている「菊花壇解説展」は、菊ファンにはたまらない魅力です。


2.伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇
 伊勢地方で発達した花びらの垂れさがる伊勢菊は、古典的菊のひとつです。縮れた花びらが垂れさがって咲くのが特徴です。当時は座敷に正座をして鑑賞するならわしだったため、草丈が低い、枝垂れ咲きの花がもてはやされました。丁子菊は、外側の花弁が大きく、内部の花弁が筒状になっており、花の中心が盛り上がって咲くのが特徴です。筒状の花びらの部分が香料の丁子に似ている関西地方で発達した菊です。嵯峨菊は、京都の嵯峨で発達した、花びらが立ちあがるのが特徴の菊です。ここは、地方色あふれる花々を配色よく植え込んだ花壇です。

伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇表札と上家の一部
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇表札と上家の一部
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇解説板
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇解説板
 
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇


3.大作り花壇
 大菊の初冬にでてくる芽(冬至芽)を一年がかりで枝数を増やし、数百輪の花を咲かせるように栽培したものです。すべての花の開花時期が同時であり、かつ、花容(かよう)が揃っていなければなりません。この花壇は高度な技術が必要とされ、また、この様式は新宿御苑独自のものであることから、菊花壇のなかの白眉ともいわれています。今年は1本の菊に416輪の花を咲かせることができました。

大作り花壇解説板
大作り花壇解説板
大作り花壇
大作り花壇
 
大作り花壇
大作り花壇
大作り花壇
大作り花壇


4.江戸菊花壇
 江戸時代に江戸で発達した古典菊です。当時の江戸の菊では中心的な存在であったことから、中菊、正菊と呼ばれてきました。また、花が咲いてから花びらがさまざまに変化することから、狂菊とも呼ばれていました。江戸菊花壇は、花壇に29鉢の菊を植え込み、各鉢ごとに27の花を咲かせるのが御苑のならわしです。御苑では最も古い歴史のある花壇です。

江戸菊花壇解説板
江戸菊花壇解説板
江戸菊花壇
江戸菊花壇
 
江戸菊花壇
江戸菊花壇
菊の名称解説板
菊の名称解説板


5.一文字菊・管物菊花壇
 一文字菊は、花びらの数が16枚前後の一重咲きの大輪菊です。また、花びらの数から「御紋章菊」ともいわれます。管物菊は、糸菊ともいわれ、細長い花びらが放射状に伸びて咲く大輪菊です。管状の花びらの太さによって、太管、間管、細管、針管に分けられています。新宿御苑では、細管菊を用いています。

一文字菊・管物菊花壇解説板
一文字菊・管物菊花壇解説板
一文字菊・管物菊花壇
一文字菊・管物菊花壇
 
一文字菊・管物菊花壇
一文字菊・管物菊花壇
一文字菊・管物菊花壇
一文字菊・管物菊花壇


6.肥後菊花壇
 古くから熊本地方でつくられていた、一重咲きの古典菊です。栽培方法、飾り方には古くからの厳格な様式があり、武士好みの清楚な感じが漂う花壇です。御苑では、12本仕立てと11本仕立てを交互に植えています。花には平弁と管弁があり、弁数が少なくすき間があるのが、この菊の特徴です。

肥後菊花壇解説板
肥後菊花壇解説板
肥後菊花壇
肥後菊花壇
 
肥後菊花壇
肥後菊花壇
肥後菊花壇
肥後菊花壇


7.大菊花壇
 菊の代表的な品種です。39品種、311株の大菊が、黄・白・紅の順に一列、一色の9本が斜め45度に植え込まれています。この配列の様子が神馬の駒の手綱模様に似ていることから「手綱植え」と呼ばれます。全体の花がそろって咲く美しさを鑑賞する花壇であり、この様式は新宿御苑独自のものです。

大菊花壇解説板
大菊花壇解説板
大菊花壇
大菊花壇
 
大菊花壇
大菊花壇
大菊花壇の菊
大菊花壇の菊


秋のバラ
 夏の間に栄養分をたっぷりとたくわえたバラが、フランス式整形庭園を彩っています。春とは一味ちがった、秋のバラの花をお楽しみください。

秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
 
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
 
春にたくさんの花でお客さまを楽しませたバラは、夏に入る前に強く剪定しました。夏の間は花芽をつくらせないように、秋に備えて栄養分をたっぷりとたくわえるように仕向けるためです。その甲斐があって、10月に入ってみごとな花でお客さまを楽しませています。秋のバラの花は、11月いっぱい楽しめると思います。 秋のバラの花
秋のバラの花
 
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
 
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花
秋のバラの花


前のページへ戻る

更新年月日2002年11月2日

このページに関するお問い合わせは管理者まで。