新宿御苑菊展への誘い
 11月1日から15日まで開催される、新宿御苑恒例の菊展への誘いは、いろいろな趣向が凝らしてあります。それらのいくつかを拾ってみます。入口に飾られた江戸菊の、花びらの変化には注目です。

菊展への誘い
菊展への誘い・食堂そばの誘導看板
菊展への誘い
菊展への誘い・入口付近の案内看板
 
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る懸崖作り
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る江戸菊
 
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る江戸菊
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る江戸菊
 
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る江戸菊
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る江戸菊
 
菊展への誘い
菊展への誘い・入口を飾る江戸菊
菊展への誘い
菊展への誘い・食堂わき売店の飾り


菊展の上家
 新宿御苑菊展は、回遊式の日本庭園に沿って、七ヶ所で花壇が展示されています。それぞれの花壇は特徴的な上家で保護されており、それらを鑑賞するのも、菊展の楽しみのひとつです。
 上家には大きく二つのタイプ、浅いものと、深いものがあります。浅いものは、懸崖作り花壇、肥後菊花壇に使われており、深いものは、伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇、大作り花壇、江戸菊花壇、一文字菊・管物菊花壇、大菊花壇に使われています。
 浅い上家は屋根がしっかり造られており、菊への陽射しは正面から当たるようになっています。それに対して深い上家は、屋根が油をしみ込ませた和紙で貼られており、屋根を通した穏やかな陽射しが、上方から菊に注ぐようになっています。

浅い上家
浅い上家
屋根の造りに工夫が凝らしてあります
深い上家
深い上家
屋根はすべて油紙で貼ってあります


菊圃場の一般公開
 菊展の期間に限り、菊圃場が一般に公開されています。
 菊圃場は新宿御苑の南西部分に広大な面積を占めており、菊圃場専門の職員が日夜菊の管理を行っているところです。なかでは門外不出の皇室伝来菊栽培技術も伝承されているそうで、菊ファンではなくても興味津々の場所です。

菊圃場
菊圃場
菊圃場
菊圃場
 
菊圃場
菊圃場
菊圃場
菊圃場
 
菊圃場
菊圃場入口の解説
菊圃場に入るとまず驚かされるのは、ゴルフ練習場を思わせる、大きな黒いネットに囲まれた畑です。これは、菊の苗などをカラスから守るために設えられた、カラス除けネットです。その脇に、写真のように菊が無造作に、たくさん植えられています。これらは、展示の際に選ばれなかったものと、展示してあるものが傷んだときの交代要員だそうです。奥の方には大きなガラス張りの温室が何棟かみえますが、近くまでの立ち入りは許されていません。入口付近には堆肥作成コーナーがあり、御苑内で間伐された枝などが山積みされており、その脇では、かなり年季の入った堆肥が堆く積まれています。この堆肥が、素晴らしい菊を育んでいるわけです。


路地植の菊
 菊展のころ、御苑内のいたるところで、路地植の菊花壇をみることができます。植えられているのは、路地植えに強い小菊の仲間で、どこも赤、黄、白の三色が美しい模様を描くように植えられています。これも、御苑の菊へのこだわりです。

菊路地花壇
菊路地花壇
菊路地花壇
菊路地花壇
 
菊路地花壇
菊路地花壇
路地植の菊花壇が、背景とともにとくに美しく冴えてみえるのは、楽羽亭、翔天亭(茶室)の前あたりです。とても風情があると思います。この時期、御苑内の○花壇、△花壇、温室前にも、菊が植えられています。
 
菊路地花壇
菊路地花壇
菊路地花壇
菊路地花壇
 
菊路地花壇
菊路地花壇
菊路地花壇
菊路地花壇


菊展を訪れたお客さま
 菊展は連日大にぎわいでした。土曜日、日曜日には、菊花壇の前で記念撮影のポーズをとるのも大変なほどでした。なかには熱心に菊をスケッチする子どもがおり、外国人のお客さまもおおぜいみかけました。

菊展のお客さま
菊展のお客さま
菊展のお客さま
菊展のお客さま
 
菊展のお客さま
菊展のお客さま
菊展のお客さま
菊展のお客さま


おやっ!
 横に伸びた枝を支えるための添え木が、枝からはずれています。風のいたずらだと思いますが、それにしても、添え木の角度が少し違ってはいませんか。

添え木
添え木
新宿御苑の樹木は、横に広がった枝も切られずに、伸び伸びと育てられています。そのため、ときにはこんな支えが必要になることがあります。


飛来しはじめたカモ
 渡りをする冬鳥が飛来してくる時期になりました。今日池でみかけたのは、キンクロハジロとオナガガモです。オナガガモは、エクリプス(光沢を失っている雌のような地味な色の羽、冬羽)から夏羽に移行中のようで、あの凛々しい姿になるは、まだ、しばらく時間がかかりそうです。

キンクロハジロ
キンクロハジロ(雌)
キンクロハジロ
キンクロハジロ(雄)
 
キンクロハジロ
キンクロハジロ(雌)
キンクロハジロ
キンクロハジロ(つがい)
 
オナガガモ
オナガガモ(雄)
オナガガモ
オナガガモ(雌)


今日の新宿御苑
 お客さまをご案内しながら、御苑の季節感を探してみました。
 カエデの実(種子)が熟してきました。そろそろ、飛びだす準備をはじめているようです。カエデの種子は、どのようにして飛ぶのか、おわかりになりますか。
 カラスウリが真っ赤に色づきました。御苑には、熟すと赤くなるカラスウリ(写真)と、熟すと黄色くなる、やや大きめのキカラスウリがあります。真夏の夜に咲くカラスウリの花は、8月3日号でお伝えしました。
 プラタナス、サクラ、ケヤキ、ユリノキ、イチョウ、メタセコイアなど、御苑の木々が色づきはじめました。それぞれがもつ、違った色合いが楽しめます。
 ジュウガツザクラが満開です。10月に入ると咲きはじめ、フユザクラとともに、端境期の冬の間楽しめます。新宿御苑では、ジュウガツザクラを皮切りに、翌年の5月まで、苑内のどこかでサクラの花を楽しむことができます。開花期が異なる種類をそれだけ豊富に苑内に揃えている、ということです。

カエデ類
カエデ類の紅葉
カエデ類
カエデ類の紅葉
 
カエデ類
カエデ類の紅葉(手前はサクラ)
カエデ類
カエデ類(種子)
 
カエデ類
カエデ類(種子)
カラスウリ
カラスウリ
 
樹木
プラタナスとユリノキ
樹木
サクラやケヤキの落ち葉
 
樹木
サクラ
樹木
イチョウとメタセコイア
 
ジュウガツザクラ
ジュウガツザクラ
ジュウガツザクラ
ジュウガツザクラ


前のページへ戻る

更新年月日2002年11月09日

このページに関するお問い合わせは管理者まで。